あなどれないポリマーコートの実力

あなどれないポリマーコートの実力 
 
当工房はグラスコートを得意としていますが、従来からあるポリマーコートも施工致しております。
ポリマーの塗装保護力の高さは実は相当なものですが、意外と知られていないのが実情です。


最近はポリマーよりもグラスコートが絶対的に優れているというような風潮がありますが、必ずしもあてはまりません。大雑把に言うとグラスコートは耐久性ポリマーは紫外線カットや艶や発色などの演色性に優れています。どちらも下地造りが重要なのは同じです。環境や特性、使用目的またオーナーさんの好みに合わせて選べばよいと思います。何にでも適材適所はあるものです。

それではポリマーコートのメリットを紹介していきましょう。

【メリットその1】=隠ぺい力
塗装への浸透力が高く、多少なりともキズを埋める効果があるので、グラスコートと較べると塗膜をあまり削らなくても美しく仕上げることができる。つまりオリジナルの塗装をできる限り残すことができます。長く乗りたい方にはとっても安心ですね。また、裏を返せば下手な下地処理(キズやツヤ退け状態)でもポリマーを塗ってしまえば、そこそこ艶も出すことができます。別の言い方をすればポリマーコート=超高性能WAX!だと考えてもあながち間違いではないでしょう。

【メリットその2】=演出性
WAXと同様、塗装の色彩や深みを演出することに長けている。これはポリマーコートの皮膜が比較的厚いことに加え、その分子構造が塗膜そのものと似ているため、塗膜に浸透し馴染みやすく、また、塗膜と光の屈折率、反射率等がほぼ同じため、塗装面と皮膜の境界面で光の乱反射成分が少なくなります。
その結果、塗装が本来持っている色彩や色の深みが過不足なく表現できるものと考えられます。必ずしもグラスコートほど塗膜肌調整の必要がないのですが、当工房ではポリマーコートであっても肌調整は入念に行います。仕上がりに差が出るからです。また、2回3回と塗り重ねることで皮膜を強化したり重厚さを増すことも出来るのです。

【メリットその3】=保護力/耐紫外線性
塗装を紫外線から守る効果が高い。一般的にポリマー皮膜は紫外線に弱く劣化しやすいのですが、裏を返せば紫外線を吸収してくれるため、塗装面まで紫外線が届きにくく、その分塗装を紫外線から守る能力が高いのです。この機能はグラスコートにはあまり備わっていません。いわゆる犠牲皮膜としての優れた機能と言えます。

特にソリッドの赤や黄色、緑など紫外線によって退色しやすい塗装色にはグラスコートよりもお勧めしたいコーティングです。ただし、グラスコートに比較して皮膜の寿命は短いため数か月〜1年程度での劣化皮膜のクリーニングと再塗り込みによる皮膜のリフレッシュ強化が塗装を長持ちさせる秘けつになります。適切にきちんと管理していけば何年も塗装を保護し潤いを保ってくれるのです。新車のオプションのコーティングなどで2か月毎に自分でメインテナンス剤を塗れば何年か保証してくれるような物もありますね。これはそういった意味なのです。

ポリマーコートで美しさを維持する秘けつ 

グラスコートと比べ耐久性が短いことがポリマーの少し弱い部分です。ポリマーである限り、ガラスよりは柔らかく摩耗しやすいです。また、紫外線や酸素によって高分子結合手が切れ易く劣化しやすいため、数カ月おきのメインテナンス=クリーニング&ポリマー塗り込みが美しさを保つ秘訣となります。とかく耐久性ではグラスコートに比べ不利なものの、それを補って余り有る程、上記のようなメリットがあるのが魅力です。

当工房で現在施工しているポリマー剤には米国製『ハードロックG』を使用しています。演色性に優れ、保護力の高い製品として高い評価があります。肌調整として下地をしっかり造っておけば、施工後は何とも言えない硬質な艶と深みのある発色が楽しめます。使用環境や保管環境にもよりますが、おおむね3〜6か月毎にメインテナンスされると何年経っても潤いのある美しさが維持できます。実際、ポリマーに惚れ込んでいる方が多いことからもその実力が伺えます。

【ポリマー豆知識】

ポリマーという言葉ですが、総じて有機系高分子化合物のことを指します。なにやら舌を噛みそうな難しい言葉ですが、ものすごく大雑把に言うと、ゴム・プラスチックスの類は皆ポリマーであるということです。昔懐かし『スライム』もポリマーなんですよ。クルマの塗装そのものもその成分の殆どがポリマーなのです。透明な樹脂の中に色を演出する顔料や染料・パールメタリックベース(アルミや雲母の粉)等を混ぜたものが塗料なのです。そしてこの顔料などを固めている樹脂=ポリマーなのです。